メキシコ政府奨学金特別プログラム2016留学生募集要項(抜粋)

 

メキシコ政府では、外国人のための政府奨学金制度の「特別プログラム」について申請受付を開始しました。
なお、本募集要項は、「外国人のためのメキシコ政府奨学金留学生募集要項(特別プログラム2016)Convocatoria 2016 Becas de Excelencia de Programas Especiales del Gobierno de México para Extranjerosの抜粋であり、応募者は必ずその本文(スペイン語・英語)を熟読し理解すること。
本文はこちらからダウンロード可能:
http://www.gob.mx/amexcid/acciones-y-programas/becas-para-extranjeros-30133
…………………………………………………………………………………………………………………………………
特別プログラム: 以下、6つのプログラムの奨学金がある。
1.    「客員教授による講義」
各種専門家、研究員や客員教授で、特別講義、講座、ワークショップ、セミナー等をメキシコの高等教育機関・研究機関で行なう方向けの奨学金
2.    「専門家による講義」
メキシコの学術・研究・社会/文化機関で講演会を行なう外国人研究者・専門家対象の奨学金
3.    「メキシコ研究者対象の「ヘナーロ・エストラーダ」奨学金」
メキシコ高等教育機関(IES)、アーカイブス、図書館、メキシコの研究センターや文化機関でメキシコをテーマとする学術研究に広く従事している学術研究者対象の滞在研究プログラム
4.    「芸術家の創作活動のための滞在」
メキシコ在住のメキシコ人或いは外国人の専門家の指導を受け、作品制作をめざすアーティストの滞在プログラム
5.    「メディア関係者の滞在」
メキシコの文化、料理、観光、教育、歴史、人文学や科学の発展に貢献する関連の記事、ルポルタージュやインタビューの執筆の出版或いは電子掲載を通してメキシコのそれぞれのメディアに反映することを目的としたプロの外国人メディア関係者向けのメキシコ滞在プログラム
6.    「メキシコ高等教育機関の質向上に寄与する活動」
教育のスペシャリスト及び高等教育国際化推進担当者による講演、授業、ワークショップ、及びメキシコ当局側担当者と互いの経験と良き成果の情報を交換し、メキシコ高等教育機関の質、管理、国際化及び方向付けの向上に結びつくと考えられるものに適用

全ての願書は学術協力管理システム(Sistema de Gestión de Cooperación Académica(SIGCA)) にログ
イン(https://sigca.sre.gob.mx/login)し、申請すること。

SIGCAシステムの技術的な疑問へのお問い合わせ:
Mr. Edward García Mejía (エドワード・ガルシーア・メヒーア)
システム・コンサルタント
Tel. 52(55)3686-5100  E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
........................................................................................................................................................................
 
1.「客員教授による講義」Profesores Visitantes

メキシコの学問・文化が豊かになり、長きにわたって対話の架け橋に貢献出来るよう外国人研究員や客員教授、各種専門家を招き講義を行なう奨学金。

特別プログラム一般条件:
1.本プログラムは別添1の対象国リスト向け奨学金である。
2.願書はプログラムの募集要項に沿って期日までに全ての出願書類を揃えたもののみ受け付ける。
  願書、出願書類はスペイン語で提出、或いはスペイン語訳(翻訳証明は不要)を添付すること。
  願書は、学術協力管理システムSistema de Gestión de Cooperación Académica (SIGCA)にログイン
  (https://sigca.sre.gob.mx/login)し、少なくともそのプログラム開始30日前までに提出すること。
3.ひと月目の給付金を1ヶ月分受け取る為にはプログラムをメキシコ到着後、月初め1日から10日までに開始出来るよう考慮すること。また最終月の給付金を受け取る為には月末5日間の内に終了出来るよう考慮すること。
4.  SIGCA以外の提出方法は受け付けない(郵送、ファックス、Eメール、直接提出等)。
5.  本奨学金は全てのプログラムに於いて、出願者の祖国の首都からメキシコシティまでの航空便往復チケ
    ット及び出願者が活動を行う都市までの交通費が以下の条件の下含まれる。
   ・全てのチケットは例外なくエコノミークラスで購入。
  ・奨学生は国際開発協力庁(AMEXCID)の科学技術協力局学術交流部(DIA)に具体的な渡航希望日(往復)を知らせる必要がある。
   ・直接奨学生本人或いは受入機関が購入した航空券の立替金の支払いは行わない。
  ・DIAは奨学生が行った航空券の変更手続きや超過運賃の支払いはカバーしない。
  ・万が一、奨学生或いは受入機関が滞在をキャンセルした場合、DIAによって購入されていた航空券は奨学生或いは受入機関がかかった費用の補填を行う義務がある。

募集期間:
書類送付:    2016年4月6日(水)-9月15日(木)
SIGCAでの手続きは2016年9月15日、23時59分(メキシコ中央時間)までオープン。
本プログラムの滞在開始は2016年6月から11月まで可能である。

ビザ手続き: 
ビザ不要国の出願者は奨学金が確定し滞在期間が180日未満の場合、ビザ手続きは不要である。(注:日本人は免除されている)メキシコ入国の際、パスポート(有効期限最低6ヶ月残存)及び機内或いは入国の際配布される入国カード(FMM)の提示が必要である。
ビザが必要な国の出願者で滞在期間が180日未満の場合、観光商用ビザ(Visa de Visitante sin permiso para realizar actividades remuneradas/Turista)の申請を在住国のメキシコ大使館にて行うこと。
また、国籍に関係なく、滞在期間が180日以上の奨学金が確定した場合は、メキシコ外務省学術交流部(DIA)の指示の下、必要なビザの手続きを在住国のメキシコ大使館にて行うこと。

詳しくはメキシコ外務省の領事業務のページを参照すること:
http://www.gob.mx/sre/acciones-y-programas/visas-para-extranjeros
在外メキシコ大使館:
http://www.gob.mx/sre/acciones-y-programas/representaciones-de-mexico-en-el-exterior

その他の条件:
a.    願書・出願書類一式を提出したことで奨学生として選出されるという保証はない。
b.    最終選考終了後、学術交流部(DIA)より書面にて奨学金が決定した出願者に連絡がある。これは最終決定であり、抗議は受け付けない。
c.    奨学金の譲渡は出来ない。また翌年への繰越しは行わない。
d.    奨学金が対象外となるのは:
I)    メキシコに派遣されている外交官、或いはその家族
II)    メキシコに居住権或いは永住権を持っている方
III)    メキシコの市民権を持っている方
e.    奨学金は同じプロジェクトに対して2名に給付することはない。
f.    2015年の奨学生に選出された方々は出願を受け付けない。
g.    奨学生の家族、或いは扶養家族を伴っていく場合、その費用(交通費、ビザ申請等)は奨学金には含まれないので自己負担となる。
h.    奨学金は国際開発協力庁(AMEXCID)の予算に沿って給付される。

プログラムの概要:各種専門家、研究員や客員教授で、特別講義、講座、ワークショップ、セミナー等をメキシコの高等教育機関・研究機関で行なう方向けの奨学金。

必要条件:博士号の学位取得者、或いは幅広い学術・研究キャリアを持っており、学術活動をメキシコで展開出来る方。最低週4時間の教授活動が条件。

期間:最短1ヶ月、最長6ヶ月

参加メキシコ受入機関:メキシコの公立・私立の高等教育機関・研究機関で奨学生が本プログラムを実施出来る環境を有するところ。

提出書類:
1.    願書 
オンライン上でデジタル写真を含め書式に記入すること。
2.    出願者に講義、講座、ワークショップやセミナーへ招待するメキシコの受入機関のレター(受入承諾書) 
a) 出願者が行なう講義、講座、ワークショップやセミナーのタイトルを明記されていること。
b) 開始日、終了日が明記されていること。出願者は特別プログラムの一般条件を参考にひと月目の給付金を受給するためにはプログラム開始日が月初め1日から10日までに、又最終月の給付金を受給するためには月末の5日間の内に終了するよう考慮すること。
レターは受入機関のレターヘッド入りで受入機関印、担当役員の署名入り(学部長や同等の役職、国際課長、学術交流課長、大学院研究責任者、大学院コーディネーター等)のものを用意すること。
3.    応募者の所属機関からの要望書 
4.    履歴書 
スペイン語で記載すること。他言語の場合はスペイン語訳(翻訳証明は不要)を添付すること。
5.    最終学位記のコピー 
6.    学術機関と契約した講義の計画表(カレンダー) 
講義する時間の詳細が明記されていること。
7.    健康診断書 
公共医療機関、或いは民間医療機関発行の健康状態が良好であると証明するもので、願書提出
より3ヶ月以内のもの。医師が個人的に発行する診断書は受け付けない。
8.    パスポートのコピー(最初と最後のページ) 
9.    出願者が特別プログラムの一般条件に同意し署名したレター 

待遇(*):
■    生活費(月額):メキシコシティで定める一般的最低賃金の5倍。現在、10,956.00ペソ支給
  (2016年4月4日のメキシコ中央銀行のレートで627.90米ドル相当)。
■    奨学生が在住する国の首都からメキシコシティまでの奨学金開始・終了時の往復航空券。
■    国内交通費(メキシコシティ-活動拠点-メキシコシティ)。尚、滞在期間中の国内活動の交通費は自費扱いとなる。
■    メキシコ社会保険庁(IMSS)の総合医療保険は、奨学金支給開始後4ヶ月目から適用される。
注:滞在が4ヶ月未満の場合、奨学生は幅広い適用範囲の国際医療保険への加入が義務づけられる。
................................................................................................................................................................................
 
2.「専門家による講義」(Conferencia de Alto Nivel)

メキシコの学問・文化が豊かになり、長きにわたって対話の架け橋に貢献出来るよう外国人研究員や客員教授、各種専門家、芸術家をメキシコに招き講義を行なう奨学金。

特別プログラム一般条件:
1.本プログラムは別添1の対象国リスト向け奨学金である。
2.願書はプログラムの募集要項に沿って期日までに全ての出願書類を揃えたもののみ受け付ける。
  願書、出願書類はスペイン語で提出、或いはスペイン語訳(翻訳証明は不要)を添付すること。
  願書は、学術協力管理システムSistema de Gestión de Cooperación Académica(SIGCA)にログイン
  (https://sigca.sre.gob.mx/login)し、少なくともそのプログラム開始30日前までに提出すること。
3.ひと月目の給付金を1ヶ月分受け取る為にはプログラムをメキシコ到着後、月初め1日から10日までに開
   始出来るよう考慮すること。また最終月の給付金を受け取る為には月末終了5日前までに終了出来るよう
   考慮すること。
4.SIGCA以外の提出方法は受け付けない(郵送、ファックス、Eメール、直接提出等)。
5.本奨学金は全てのプログラムに於いて、出願者の祖国の首都からメキシコシティまでの航空便往復チケッ
   ト及び出願者が活動を行う都市までの交通費が以下の条件の下含まれる。
   ・全てのチケットは例外なくエコノミークラスで購入。
  ・奨学生は国際開発協力庁(AMEXCID)の科学技術協力局学術交流部(DIA)に具体的な渡航希望日(往復)を知らせる必要がある。
   ・直接本人或いは受入機関が購入した航空券の立替金の支払いは行わない。
  ・DIAは奨学生が行った航空券の変更手続きや超過運賃の支払いはカバーしない。
 ・万が一、奨学生或いは受入機関が滞在をキャンセルした場合、DIAによって購入されていた航空券は奨学生或いは受入機関がかかった費用の補填を行う義務がある。

募集期間:
書類送付: 2016年4月8日(金)-9月15日(木)
SIGCAでの手続きは2016年9月15日、23時59分(メキシコ中央時間)までオープン。
本プログラムの滞在開始は2016年6月から11月まで可能である。

ビザ手続き: 
ビザ不要国の出願者は奨学金が確定し滞在期間が180日未満の場合、ビザ手続きは不要である。(注:日本人は免除されている)メキシコ入国の際、パスポート(有効期限最低6ヶ月残存)及び機内或いは入国の際配布される入国カード(FMM)の提示が必要である。
ビザが必要な国の出願者で滞在期間が180日未満の場合、観光商用ビザ(Visa de Visitante sin permiso para realizar actividades remuneradas/Turista)の申請を在住国のメキシコ大使館にて行うこと。
また、国籍に関係なく、滞在期間が180日以上の奨学金が確定した場合は、メキシコ外務省学術交流部の指示の下、必要なビザの手続きを在住国のメキシコ大使館にて行うこと。

詳しくはメキシコ外務省の領事業務のページを参照すること:
http://www.gob.mx/sre/acciones-y-programas/visas-para-extranjeros
在外メキシコ大使館:
http://www.gob.mx/sre/acciones-y-programas/representaciones-de-mexico-en-el-exterior

その他の条件:
a.    願書・出願書類一式を提出したことで奨学生として選出されるという保証はない。
b.    最終選考終了後、学術交流部(DIA)より書面にて奨学金が決定した出願者に連絡がある。
これは最終決定であり、抗議は受け付けない。
c.    奨学金の譲渡は出来ない。また翌年への繰越しは行わない。
d.    奨学金が対象外となるのは:
I)    メキシコに派遣されている外交官、或いはその家族
II)    メキシコに居住権或いは永住権を持っている方
III)    メキシコの市民権を持っている方
e.    奨学金は同じプロジェクトに対して2名に給付することはない。
f.    2015年の奨学生に選出された方々は出願を受け付けない。
g.    奨学生が家族、或いは扶養家族を伴っていく場合、その費用(交通費、ビザ申請等)は奨学金には含まれないので自己負担となる。
h.    奨学金は国際開発協力庁(AMEXCID)の予算に沿って給付される。

プログラムの概要:メキシコの学術・研究・社会/文化機関で講演会を行なう外国人研究者・専門家対象の奨学金

必要条件:博士号の学位取得者、或いは幅広い学術・研究キャリアを持っており、学術活動をメキシコで展開出来る方。

期間:最短5日間、最長1ヶ月
この奨学金は学術交流部(DIA)が特例で認めた講義以外、12月は除外される。

参加受入機関:メキシコの公立・私立の高等教育機関・研究機関、社会/文化機関で奨学生が本プログラムを実施出来る環境を有するところ。

参加条件:
1.    専門家として講義を行う分野のエキスパートであること。
2.    メキシコの高等教育機関・研究機関、社会/文化機関で専門家による講義を行なう招待を受けていること。
3.    講義を行なうテーマの博士号の学位取得者或いは幅広いキャリアをもっている方。
4.    メキシコの受入機関と専門家の間で事前に滞在に関する条件を交わしていること。

提出書類:
1.    願書 
オンライン上でデジタル写真を含め書式に記入すること。
2.    出願者を招待するメキシコの受入機関のレター(受入承諾書) 
以下の内容が明記されていること。
a) 出願者が行なう講義のタイトル
b) 講義の対象者
c) 講義の目的
d) 活動の開始日、終了日
レターは受入機関のレターヘッド入りで受入機関印、署名入りで提出すること。
3.    履歴書 
スペイン語で記載すること。他言語の場合はスペイン語訳(翻訳証明は不要)を添付すること。
4.    最終学位記のコピー 
5.    健康診断書 
公共医療機関、或いは民間医療機関発行の健康状態が良好であると証明するもので、願書提出より3ヶ月以内のもの。医師が個人的に発行する診断書は受け付けない。
6.    パスポートのコピー(最初と最後のページ) 
7.    出願者が特別プログラムの一般条件に同意し署名したレター 

待遇(*):
■    奨学生の在住している国の首都からメキシコシティまでの開始・終了時の往復航空券
■    国内交通費(メキシコシティ-開催場所-メキシコシティ)、メキシコシティ以外の場所で開催される場合支給される。滞在期間中の国内活動の交通費は自費扱いとなる。
■    同じ行事や講義に複数の奨学金を給付することはない。
注:滞在期間が4ヶ月未満の場合、奨学生は幅広い適用範囲の国際医療保険への加入が義務づけられる。
................................................................................................................................................................................
 
3.「メキシコ研究者対象の『ヘナーロ・エストラーダ』奨学金」(Beca “Genaro Estrada” para Expertos Mexicanistas)

メキシコの学問・文化が豊かになり、長きにわたって対話の架け橋に貢献出来るよう外国人各種専門家、研究員、客員教授アーティスト向けに、これまでメキシコをテーマとするさまざまな分野で学術研究に広く従事している学術研究者対象の奨学金。

特別プログラム一般条件:
1.本プログラムは別添1の対象国リスト向け奨学金である。
2.願書はプログラムの募集要項に沿って期日までに全ての出願書類を揃えたもののみ受け付ける。
  願書、出願書類はスペイン語で提出、或いはスペイン語訳(翻訳証明は不要)を添付すること。
  願書は、学術協力管理システムSistema de Gestión de Cooperación Académica(SIGCA)にログイン
  (https://sigca.sre.gob.mx/login)し、少なくともそのプログラム開始30日前までに提出すること。
3.ひと月目の給付金を1か月分受け取る為にはプログラムをメキシコ到着後、月初め1日から10日までに開始出来るよう考慮すること。また最終月の給付金を受け取る為には月末5日間の内に終了出来るよう考慮すること。
4.SIGCA以外の提出方法は受け付けない(郵送、ファックス、Eメール、直接提出等)。
5.本奨学金は全てのプログラムに於いて、出願者の祖国の首都からメキシコシティまでの航空便往復チケッ
   ト及び出願者が活動を行う都市までの交通費が以下の条件の下含まれる。
   ・全てのチケットは例外なくエコノミークラスで購入。
  ・奨学生は国際開発協力庁(AMEXCID)の科学技術協力局学術交流部(DIA)に具体的な渡航希望日(往
   復)を知らせる必要がある。
   ・直接本人或いは受入機関が購入した航空券の立替金の支払いは行わない。
  ・DIAは奨学生が行った航空券の変更手続きや超過運賃の支払いはカバーしない。
  ・万が一、奨学生或いは受入機関が滞在をキャンセルした場合、DIAによって購入されていた航空券は奨
     学生或いは受入機関がかかった費用の補填を行う義務がある。

募集期間:
書類送付:    2016年4月8日(金)-9月15日(木)
SIGCAでの手続きは2016年9月15日、23時59分(メキシコ中央時間)までオープン。
本プログラムの滞在開始は2016年6月から11月まで可能である。

ビザ手続き: 
ビザ不要国の出願者は奨学金が確定し滞在期間が180日未満の場合、ビザ手続きは不要である。(注:日本人は免除されている)メキシコ入国の際、パスポート(有効期限最低6ヶ月残存)及び機内或いは入国の際配布される入国カード(FMM)の提示が必要である。
ビザが必要な国の応募者で滞在期間が180日未満の場合、観光商用ビザ(Visa de Visitante sin permiso para realizar actividades remuneradas/Turista)の申請を在住国のメキシコ大使館にて行うこと。
また、国籍に関係なく、滞在期間が180日以上の奨学金が確定した場合は、メキシコ外務省学術交流部の指示の下、必要なビザの手続きを在住国のメキシコ大使館にて行うこと。

詳しくはメキシコ外務省の領事業務のページを参照すること:
http://www.gob.mx/sre/acciones-y-programas/visas-para-extranjeros
在外メキシコ大使館:
http://www.gob.mx/sre/acciones-y-programas/representaciones-de-mexico-en-el-exterior


その他の条件:
a.    願書・出願書類一式を提出したことで奨学生として選出されるという保証はない。
b.    最終選考終了後、学術交流部(DIA)より書面にて奨学金が決定した出願者に連絡がある。これは最終決定であり、抗議は受け付けない。
c.    奨学金の譲渡は出来ない。また翌年への繰越しは行わない。
d.    奨学金が対象外となるのは:
I)    メキシコに派遣されている外交官、或いはその家族
II)    メキシコに居住権或いは永住権を持っている方
III)    メキシコの市民権を持っている方
e.    奨学金は同じプロジェクトに対して2名に給付することはない。
f.    2015年の奨学生に選出された方々は出願を受け付けない。
g.    奨学生が家族、或いは扶養家族を伴っていく場合、その費用(交通費、ビザ申請等)は奨学金には含まれないので自己負担となる。
h.    奨学金は国際開発協力庁(AMEXCID)の予算に沿って給付される。

プログラムの概要:メキシコをテーマとする学術研究に広く従事している学術研究者対象でメキシコ高等教育機関(IES)、アーカイブス、図書館、メキシコの研究センターや文化機関で研究に従事できるプログラム。但し、これから始める方は対象外。

必要条件:メキシコに関する様々な研究或いは出版に広く従事している研究員、専門家

期間:最短1ヶ月、最長12ヶ月

参加受入機関:メキシコの公立・私立高等教育機関・研究機関、専門図書館で奨学生が本プログラムを実施出来る環境を有するところ。

参加条件:
1.    メキシコに関するテーマの研究計画を持ち、メキシコ受入機関の指導員の承諾があること。
2.    メキシコに関する様々な研究或いは出版に広く従事しており、その為の研究滞在を希望される方。

提出書類:
1.願書
  オンライン上でデジタル写真を含め書式に記入すること。
2.研究プロジェクトを展開するために招待するメキシコの受入機関のレター(受入承諾書)
    以下の内容が明記されていること。
a)    従事する研究プロジェクト名
b)    指導教官の氏名及び役職
c)    活動の開始日、終了日。出願者は特別プログラム一般条件を参照し、ひと月目の給付金を1か月分受
け取る為にはプログラムをメキシコ到着後、月初め1日から10日までに開始出来るよう考慮すること。また最終月の給付金を受け取る為には月末の3日間の内に終了出来るよう考慮すること。
       レターは受入機関のレターヘッド入りで受入機関印、担当役員(学部長或いは同等の方、国際課長、
       学術交流課長、大学院研究責任者、大学院コーディネーター等)の署名入りで提出すること。
3.履歴書 
  スペイン語で記載すること。他言語の場合はスペイン語訳(翻訳証明は不要)を添付すること。
4.最終学位記のコピー 
5.語学能力証明書 
  母国語がスペイン語ではない場合、学業の逐行に必要なスペイン語の能力。
6.詳細な研究計画書(最終目標をまとめること)
7.メキシコで研究を行う理由の説明書 
8.健康診断書 
  公共医療機関、或いは民間医療機関発行の健康状態が良好であると証明するもので、願書提出より
  3ヶ月以内のもの。医師が個人的に発行する診断書は受け付けない。
9.パスポートのコピー(最初と最後のページ) 
10.出願者が特別プログラムの一般条件に同意し署名したレター 

待遇(*):
■    生活費(月額):メキシコシティで定める最低賃金の5倍。現在、10,956.00ペソ支給
(2016年4月4日のメキシコ中央銀行のレートで627.90米ドル相当)。
■    奨学生が在住する国の首都からメキシコシティまでの奨学金開始・終了時の往復航空券
■    国内交通費(メキシコシティ-活動拠点-メキシコシティ)。滞在期間中の国内活動の交通費は自費扱いとなる。
■    メキシコ社会保険庁(IMSS)の総合医療保険は、奨学金支給開始後4ヶ月目から適用される。
注:滞在が4ヶ月未満の場合、奨学生は幅広い適用範囲の国際医療保険への加入が義務づけられる。
…………………………………………………………………………………………………………………………………
 
4.「芸術家の創作活動のための滞在」(Estancias de Creación Artística)

国際的芸術コミュニティの創造的な形成のための良好な状況を生み出すこと、独自プロジェクト達成を進めること、メキシコ人アーティストとのつながりを生み出すこと、そしてメキシコの文化やビジョンを豊かにすることを目標とする奨学金。

特別プログラム一般条件:
1.本プログラムは別添1の対象国リスト向け奨学金である。
2.願書はプログラムの募集要項に沿って期日までに全ての出願書類を揃えたもののみ受け付ける。
  願書、出願書類はスペイン語で提出、或いはスペイン語訳(翻訳証明は不要)を添付すること。
  願書は、学術協力管理システムSistema de Gestión de Cooperación Académica(SIGCA)にログイン
  (https://sigca.sre.gob.mx/login)し、少なくともそのプログラム開始45日前までに提出すること。
3.ひと月目の給付金を1か月分受け取る為にはプログラムをメキシコ到着後、月初め1日から10日までに開
   始出来るよう考慮すること。また最終月の給付金を受け取る為には月末5日間の内に終了出来るよう考慮
   すること。
4.SIGCA以外の提出方法は受け付けない(郵送、ファックス、Eメール、直接提出等)。
5.本奨学金は全てのプログラムに於いて、出願者の祖国の首都からメキシコシティまでの航空便往復チケッ
   ト及び出願者が活動を行う都市までの交通費が以下の条件の下含まれる。
   ・全てのチケットは例外なくエコノミークラスで購入。
  ・奨学生は国際開発協力庁(AMEXCID)の科学技術協力局学術交流部(DIA)に具体的な渡航希望日(往
   復)を知らせる必要がある。
   ・直接本人或いは受入機関が購入した航空券の立替金の支払いは行わない。
  ・DIAは奨学生が行った航空券の変更手続きや超過運賃の支払いはカバーしない。
  ・万が一、奨学生或いは受入機関が滞在をキャンセルした場合、DIAによって購入されていた航空券は奨
     学生或いは受入機関がかかった費用の補填を行う義務がある。

募集期間:
書類送付: 2016年4月8日(金)-9月15日(木)
SIGCAでの手続きは2016年9月15日、23時59分(メキシコ中央時間)までオープン。
本プログラムの滞在開始は2016年6月から11月まで可能である。

ビザ手続き: 
ビザ不要国の出願者は奨学金が確定し滞在期間が180日未満の場合、ビザ手続きは不要である。(注:日本人は免除されている)メキシコ入国の際、パスポート(有効期限最低6ヶ月残存)及び機内或いは入国の際配布される入国カード(FMM)の提示が必要である。
ビザが必要な国の出願者で滞在期間が180日未満の場合、観光商用ビザ(Visa de Visitante sin permiso para realizar actividades remuneradas/Turista)の申請を在住国のメキシコ大使館にて行うこと。
また、国籍に関係なく、滞在期間が180日以上の奨学金が確定した場合は、メキシコ外務省学術交流部の指示の下、必要なビザの手続きを在住国のメキシコ大使館にて行うこと。
詳しくはメキシコ外務省の領事業務のページを参照すること:
http://www.gob.mx/sre/acciones-y-programas/visas-para-extranjeros
在外メキシコ大使館:
http://www.gob.mx/sre/acciones-y-programas/representaciones-de-mexico-en-el-exterior

その他の条件:
a.    願書・出願書類一式を提出したことで奨学生として選出されるという保証はない。
b.    最終選考終了後、学術交流部(DIA)より書面にて奨学金が決定した出願者に連絡がある。
これは最終決定であり、抗議は受け付けない。
c.    奨学金の譲渡は出来ない。また翌年への繰越しは行わない。
d.    奨学金が対象外となるのは:
I)    メキシコに派遣されている外交官、或いはその家族
II)    メキシコに居住権或いは永住権を持っている方
III)    メキシコの市民権を持っている方
e.    奨学金は同じプロジェクトに対して2名に給付することはない。
f.    2015年の奨学生に選出された方々は出願を受け付けない。
g.    奨学生が家族、或いは扶養家族を伴っていく場合、その費用(交通費、ビザ申請等)は奨学金には含まれないので自己負担となる。
h.    奨学金は国際開発協力庁(AMEXCID)の予算に沿って給付される。

プログラムの概要:メキシコ在住のメキシコ人或いは外国人の専門家の指導を受け、作品制作をめざすアーティストの滞在プログラム。
創作活動のための申請であること(パフォーマーや研究者ではなく)。授業、セミナーやワークショップへの出席費用は奨学金に含まれない。

必要条件:アーティストで創作活動に従事するのに十分な経験が認められた方対象

期間:最短1ヶ月、最長6ヶ月

メキシコの受入機関:公立・私立の学術・文化・芸術の機関及びワークショップ・学問の機関で、アーティストの創作活動について個別指導を提供出来るところ。

提出書類:
1.願書 
  オンライン上でデジタル写真を含め書式に記入すること。
2.芸術活動を展開する出願者を招待するメキシコの受入機関のレター(受入承諾書) 
  以下の内容が明記されていること。
a)    芸術活動のタイトル
b)    指導教官の氏名
c)    活動の開始日、終了日。出願者は特別プログラムの一般条件を参照し、ひと月目の給付金を1ヶ月受
       け取る為にはプログラムをメキシコ到着後、月初め1日から10日までに開始出来るよう考慮する
       こと。また最終月の給付金を受け取る為には月末の3日間の内に終了出来るよう考慮すること。
        受入機関が公立の学術・文化機関の場合、レターは受入機関のレターヘッド、受入機関印入りで担当
    役員(受入機関のディレクター或いは同等の方、国際課長や学術交流部長)の署名入りで提出すること。
  ワークショップ、ギャラリー等の場合、レターは受入機関のレターヘッド、担当役員(受入機関のディレ
    クター或いは同等の方)及び受入機関の代表の直筆署名入りで別途受入機関の概要を添付すること。
    全てのケースにおいて、指導教官の略歴を添付すること。
3.芸術活動を個人アーティストの下で行う場合、指導教授となるそのアーティストの作品について掲載さ
  れた(雑誌、新聞等)3点を添付すること。
4.履歴書 
  スペイン語で記載すること。他言語の場合はスペイン語訳(翻訳証明は不要)を添付すること。
5.創作活動をメキシコで希望する理由書(最終目標をまとめること。)
6.体系化した創作計画書 
  作品のタイトル、活動計画表、及び創作する作品の特徴を明記すること。(目標、技術、使用する材料)
7.応募者の素質を裏付ける(作品が掲載された雑誌、新聞等を添付)著名なアーティストからの推薦状
8.芸術活動を希望する出願者の経験を裏付ける電子ポートフォリオ或いはインターネットのリンク先で少
  なくとも作品5点と作品の下書き2点(各作品紹介:作品タイトル、テクニック、サイズと作成された
  年を含む)を紹介すること。
  作品がビデオやアニメーションの場合、電子ポートフォリオ(PDF版)で5作品、各作品の6つの質の
  いい静止イメージ(ストップモーション)と各作品紹介(作品タイトル、テクニック、サイズと作成された年)を提出すること。
  舞台或いは音楽作品の場合、3つの作品のインターネット・リンク先を明記すること。
8.健康診断書 
  公共医療機関、或いは民間医療機関発行の健康状態が良好であると証明するもので、願書提出より3ヶ月
  以内のもの。医師が個人的に発行する診断書は受け付けない。
9.パスポートのコピー(最初と最後のページ) 
10.出願者が特別プログラムの一般条件に同意し署名したレター 

待遇(*):
■    生活費(月額):メキシコシティで定める最低賃金の5倍。現在、10,956.00ペソ支給
(2016年4月4日のメキシコ中央銀行のレートで627.90米ドル相当)。
■    奨学生が在住する国の首都からメキシコシティまでの奨学金開始・終了時の往復航空券
■    国内交通費(メキシコシティ-活動拠点-メキシコシティ)。滞在期間中の国内活動の交通費は自費扱いとなる。
■    メキシコ社会保険庁(IMSS)の総合医療保険は、奨学金支給開始後4ヶ月目から適用される。
注:滞在が4ヶ月未満の場合、奨学生は幅広い適用範囲の国際医療保険への加入が義務づけられる。
…………………………………………………………………………………………………………………………………
 
5.「メディア関係者の滞在」(Estancias para Colaboradores de Medios informativos)

世界にメキシコのその豊かな文化、芸術、科学、観光、料理、教育、歴史と創造性を知らしめるための奨学金。

特別プログラム一般条件:
1.本プログラムは別添1の対象国リスト向け奨学金である。
2.願書はプログラムの募集要項に沿って期日までに全ての出願書類を揃えたもののみ受け付ける。
  願書、出願書類はスペイン語で提出、或いはスペイン語訳(翻訳証明は不要)を添付すること。
  願書は、学術協力管理システムSistema de Gestión de Cooperación Académica(SIGCA) にログイン
  (https://sigca.sre.gob.mx/login)し、少なくともそのプログラム開始45日前までに提出すること。
3.ひと月目の給付金を1か月分受け取る為にはプログラムをメキシコ到着後、月初め1日から10日までに開
   始出来るよう考慮すること。また最終月の給付金を受け取る為には月末5日間の内に終了出来るよう考慮
   すること。
4.SIGCA以外の提出方法は受け付けない(郵送、ファックス、Eメール、直接提出等)。
5.本奨学金は全てのプログラムに於いて、出願者の祖国の首都からメキシコシティまでの航空便往復チケッ
   ト及び出願者が活動を行う都市までの交通費が以下の条件の下含まれる。
   ・全てのチケットは例外なくエコノミークラスで購入。
  ・奨学生は国際開発協力庁(AMEXCID)の科学技術協力局学術交流部(DIA)に具体的な渡航希望日(往
     復)を知らせる必要がある。
   ・直接本人或いは受入機関が購入した航空券の立替金の支払いは行わない。
  ・DIAは奨学生が行った航空券の変更手続きや超過運賃の支払いはカバーしない。
  ・万が一、奨学生或いは受入機関が滞在をキャンセルした場合、DIAによって購入されていた航空券は奨
     学生或いは受入機関がかかった費用の補填を行う義務がある。

募集期間:
書類送付: 2016年4月8日(金)-9月15日(木)
SIGCAでの手続きは2016年9月15日、23時59分(メキシコ中央時間)までオープン。
本プログラムの滞在開始は2016年6月から11月まで可能である。

ビザ手続き: 
ビザ不要国の出願者は奨学金が確定し滞在期間が180日未満の場合、ビザ手続きは不要である。(注:日本人は免除されている)メキシコ入国の際、パスポート(有効期限最低6ヶ月残存)及び機内或いは入国の際配布される入国カード(FMM)の提示が必要である。
ビザが必要な国の応募者で滞在期間が180日未満の場合、観光商用ビザ(Visa de Visitante sin permiso para realizar actividades remuneradas/Turista)の申請を在住国のメキシコ大使館にて行うこと。
また、国籍に関係なく、滞在期間が180日以上の奨学金が確定した場合は、メキシコ外務省学術交流部の指示の下、必要なビザの手続きを在住国のメキシコ大使館にて行うこと。

詳しくはメキシコ外務省の領事業務のページを参照すること:
http://www.gob.mx/sre/acciones-y-programas/visas-para-extranjeros
在外メキシコ大使館:
http://www.gob.mx/sre/acciones-y-programas/representaciones-de-mexico-en-el-exterior
その他の条件:
a.    願書・出願書類一式を提出したことで奨学生として選出されるという保証はない。
b.    最終選考終了後、学術交流部(DIA)より書面にて奨学金が決定した出願者に連絡がある。これは最終決定であり、抗議は受け付けない。
c.    奨学金の譲渡は出来ない。また翌年への繰越しは行わない。
d.    奨学金が対象外となるのは:
I)    メキシコに派遣されている外交官、或いはその家族
II)    メキシコに居住権或いは永住権を持っている方
III)    メキシコの市民権を持っている方
e.    奨学金は同じプロジェクトに対して2名に給付することはない。
f.    2015年の奨学生に選出された方々は出願を受け付けない。
g.    奨学生が家族、或いは扶養家族を伴っていく場合、その費用(交通費、ビザ申請等)は奨学金には含まれないので自己負担となる。
h.    奨学金は国際開発協力庁(AMEXCID)の予算に沿って給付される。

プログラムの概要:メキシコの文化、料理、観光、教育、歴史、人文学や科学の発展への取り組みに興味があるプロの出版あるいは電子掲載のメディア関係者の外国人向けで、前述の分野について記事やルポルタージュ、インタビューの執筆を通じてそれぞれのメディアに反映するためのメキシコ滞在プログラム。

必要条件:現在活動中のプロの海外メディア関係者であること。

期間:最短5日間、最長1ヶ月

提出書類:
1.願書 
  オンライン上でデジタル写真を含め書式に記入すること。
2.所属メディアからのレター 
    現在所属しているメディアより、出願者の意欲、そして帰国後出版或いは広報するという誓約を明記の
  上、提出すること。
3.履歴書 
  スペイン語で記載すること。他言語の場合はスペイン語訳(翻訳証明は不要)を添付すること。
4.メキシコに滞在し、報道の仕事をする理由書
5.体系化した執筆計画書
    以下を明記すること。
  a) 記事のタイトル
  b) プロジェクトの計画表、及び最終目標をまとめる。
  c) 活動の開始日、終了日。出願者は特別プログラム一般条件を参照し、ひと月目の給付金を1ヶ月分受け
       取る為にはプログラムをメキシコ到着後、月初め1日から10日までに開始出来るよう考慮すること。

6.電子ポートフォリオで少なくとも出版・報道されたもの3点(出版物、録音・録画された音声(オ
  ーディオ)やビデオ或いは質の良いインターネットのリンク先)
7.健康診断書 
  公共医療機関、或いは民間医療機関発行の健康状態が良好であると証明するもので、願書提出より3ヶ月
    以内のもの。医師が個人的に発行する診断書は受け付けない。
8.パスポートのコピー(最初と最後のページ) 
9.出願者が特別プログラムの一般条件に同意し署名したレター 

待遇(*):
■    生活費(月額):メキシコシティで定める最低賃金の5倍。現在、10,956.00ペソ支給
  (2016年4月4日のメキシコ中央銀行のレートで627.90米ドル相当)。
■    奨学生が在住する国の首都からメキシコシティまでの奨学金開始・終了時の往復航空券
■    国内交通費(メキシコシティ-活動拠点-メキシコシティ)。滞在期間中の国内活動の交通費は自費扱いとなる。
重要事項:
出願者はプログラム終了後、出版・報道された(出版物、音声(オーディオ)やビデオ)内容のデジタル・コピーをメキシコ外務省学術交流部(DIA)に提出すること。
注:滞在が4ヶ月未満の場合、奨学生は幅広い適用範囲の国際医療保険への加入が義務づけられる。
…………………………………………………………………………………………………………………………………
 
6.「メキシコ高等教育機関の質向上に寄与する活動」(Mejoramiento de la Calidad de las Instituciones Mexicanas de Educación Superior)

メキシコ高等教育機関の質、管理、国際化及び方向付けの向上に結びつくと考えられるものに適用される奨学金。

特別プログラム一般条件:
1.本プログラムは別添1の対象国リスト向け奨学金である。
2.願書はプログラムの募集要項に沿って期日までに全ての出願書類を揃えたもののみ受け付ける。
   願書、出願書類はスペイン語で提出、或いはスペイン語訳(翻訳証明は不要)を添付すること。
   願書は、学術協力管理システムSistema de Gestión de Cooperación Académica(SIGCA) にログイン
   (https://sigca.sre.gob.mx/login)し、少なくともそのプログラム開始30日前までに提出すること。
3.ひと月目の給付金を1か月分受け取る為にはプログラムをメキシコ到着後、月初め1日から10日までに
    開始出来るよう考慮すること。また最終月の給付金を受け取る為には月末5日間の内に終了出来るよう考
    慮すること。
4.SIGCA以外の提出方法は受け付けない(郵送、ファックス、Eメール、直接提出等)。
5.本奨学金は全てのプログラムに於いて、出願者の祖国の首都からメキシコシティまでの航空便往復チケッ
    ト及び出願者が活動を行う都市までの交通費が以下の条件の下含まれる。
   ・全てのチケットは例外なくエコノミークラスで購入。
  ・奨学生は国際開発協力庁(AMEXCID)の科学技術協力局学術交流部(DIA)に具体的な渡航希望日(往
   復)を知らせる必要がある。
   ・直接本人或いは受入機関が購入した航空券の立替金の支払いは行わない。
  ・DIAは奨学生が行った航空券の変更手続きや超過運賃の支払いはカバーしない。
  ・万が一、奨学生或いは受入機関が滞在をキャンセルした場合、DIAによって購入されていた航空券は奨
     学生或いは受入機関がかかった費用の補填を行う義務がある。

募集期間:
書類送付:    2016年4月8日(金)-9月15日(木)
SIGCAでの手続きは2016年9月15日、23時59分(メキシコ中央時間)までオープン。
本プログラムの滞在開始は2016年6月から11月まで可能である。

ビザ手続き: 
ビザ不要国の出願者は奨学金が確定し滞在期間が180日未満の場合、ビザは不要である。(注:日本人は免除されている)メキシコ入国の際、パスポート(有効期限最低6ヶ月残存)及び機内或いは入国の際配布される入国カード(FMM)の提示が必要である。
ビザが必要な国の応募者で滞在期間が180日未満の場合、観光商用ビザ(Visa de Visitante sin permiso para realizar actividades remuneradas/Turista)の申請を在住国のメキシコ大使館にて行うこと。
また、国籍に関係なく、滞在期間が180日以上の奨学金が確定した場合は、メキシコ外務省学術交流部の指示の下、必要なビザの手続きを在住国のメキシコ大使館にて行うこと。
詳しくはメキシコ外務省の領事業務のページを参照すること:
http://www.gob.mx/sre/acciones-y-programas/visas-para-extranjeros
在外メキシコ大使館:
http://www.gob.mx/sre/acciones-y-programas/representaciones-de-mexico-en-el-exterior


その他の条件:
a.    願書・出願書類一式を提出したことで奨学生として選出されるという保証はない。
b.    最終選考終了後、学術交流部(DIA)より書面にて奨学金が決定した出願者に連絡がある。これは最終決定であり、抗議は受け付けない。
c.    奨学金の譲渡は出来ない。また翌年への繰越しは行わない。
d.    奨学金が対象外となるのは:
I)    メキシコに派遣されている外交官、或いはその家族
II)    メキシコに居住権或いは永住権を持っている方
III)    メキシコの市民権を持っている方
e.    奨学金は同じプロジェクトに対して2名に給付することはない。
f.    2015年の奨学生に選出された方々は出願を受け付けない。
g.    奨学生が家族、或いは扶養家族を伴っていく場合、その費用(交通費、ビザ申請等)は奨学金には含まれないので自己負担となる。
h.    奨学金は国際開発協力庁(AMEXCID)の予算に沿って給付される。

プログラムの概要:教育のスペシャリスト及び高等教育国際化推進担当者による講演、授業、ワークショップ、及びメキシコ当局側担当者と互いの経験と良き成果の情報を交換し、メキシコ高等教育機関の質、管理、国際化及び方向付けの向上に結びつくと考えられるものに適用。
このプログラムは研究を目的とする方対象ではない。

必要条件:国際化推進に従事している当局の方或いは開催される講演、授業、ワークショップ等のトピックスのスペシャリスト

期間:最短5日間、最長1ヶ月

提出書類:
1.願書 
  オンライン上でデジタル写真を含め書式に記入すること。
2.出願者を招待するメキシコの受入機関のレター (受入承諾書)
  以下の内容が明記されていること。
a)    出願者が行なう講義名、授業名、ワークショップ名或いはセミナー名
b)    活動の開始日、終了日。出願者は特別プログラム一般条件を参照し、ひと月目の給付金を1か月分受け取る為にはプログラムをメキシコ到着後、月初め1日から10日までに開始出来るよう考慮すること。
      レターは受入機関のレターヘッド入りで受入機関印、担当役員(学部長或いは同等の方、国際課
       長或いは学術交流課長、大学院の研究責任者やコーディネーター等)の署名入りで提出すること。
3.国立大学高等機関機構(ANUES)からのプロジェクト承認レター:
  お問合せ:応募される方は国立大学高等機関機構(ANUIES)協力部長のブレンダ・エリサベス・ガ
  ラビス・アラゴン女史(住所:Tenayuca No. 200, Col. Sta. Cruz Atoyac, C.P. 03310 ℡ 5420-4978
  及び 5420-4921.  Eメール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)にお問合せください。
4.学術機関と契約した内容の日程表
5.履歴書 
  スペイン語で記載すること。他言語の場合はスペイン語訳(翻訳証明は不要)を添付すること。
6.健康診断書 
  公共医療機関、或いは民間医療機関発行の健康状態が良好であると証明するもので、願書提出より
  3ヶ月以内のもの。医師が個人的に発行する診断書は受け付けない。
7.パスポートのコピー(最初と最後のページ) 
8.出願者が特別プログラムの一般条件に同意し署名したレター 

待遇(*):
■    生活費(月額):メキシコシティで定める最低賃金の5倍。現在、10,956.00ペソ支給
  (2016年4月4日のメキシコ中央銀行のレートで627.90米ドル相当)。
■    奨学生が在住する国の首都からメキシコシティまでの奨学金開始・終了時の往復航空券
■    国内交通費(メキシコシティ-受入機関-メキシコシティ)。滞在期間中の国内活動の交通費は自費扱いとなる。
注:滞在が4ヶ月未満の場合、奨学生は幅広い適用範囲の国際医療保険への加入が義務づけられる。
................................................................................................................................................................................-
 
奨学金の詳細、出願書類について
在日メキシコ大使館 学術交流・教育・科学技術部
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-15-1
TEL 03-3581-1131
FAX 03-3581-4058
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。及び このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

参考サイト


 2017年度 メキシコ政府奨学金留学生募集要項(抜粋)



メキシコ外務省(SRE)では国際開発協力庁(AMEXCID)を通じ、以下の要領で2017年度の奨学金留学生を募集する。
尚、本募集要項は、「外国人のためのメキシコ政府奨学金留学生募集要項(2017年度)Convocatoria de Becas de Excelencia del Gobierno de México para Extranjeros 2017」(以下、「CONVOCATORIA 2017」という。)の抜粋であり、応募者は必ずその本文(スペイン語・英語)を熟読し理解すること。
本文はこちらからダウンロード可能 http://www.gob.mx/amexcid/acciones-y-programas/becas-para-extranjeros-29785
アカデミックプログラム
書類送付:    2016年6月6日(月)-9月23日(金)16時まで 
国内選考(面接):    2016年9月30日(金)10時~ 
集合場所:    在日メキシコ大使館(別館5階 エスパシオ メヒカーノ)    

プログラムの概要:
■    本奨学金留学生制度は、「CONVOCATORIA 2017」にもとづき、学士課程、4年制大学卒業生、修士課程、博士課程、専門課程、研究者、大学教員、芸術家、スペシャリスト等を対象とするものである(大学院準備コース、修士・博士課程一貫コース、通信制、オープン/バーチャルプログラムは対象外)。90以上の大学等の教育機関が「アカデミックプログラム」に参加している。

受給期間
■    学士課程及び大学院交流プログラム:1課程(3ヶ月、4ヶ月または6ヶ月間)
■    大学院レベル研究およびポストドクター特別研究員:1ヶ月から12ヶ月
■    専門課程:1年
■    修士課程:2年
■    博士課程:3年或いは4年(プラグラムの期間による)
■    医学専門課程および準専門課程:3年
(いずれの場合も延長は認められない)
万が一、大学院の学習プログラムの中で進学準備コースや入門コースを受けなければならない場合、これらの費用は奨学金には含まれないので本人負担となる。奨学金の給付は、もしも進学準備コースを受ける場合はその終了後、最初の学期(3ヶ月、4ヶ月、6ヶ月)から開始する。
論文や等級試験を求められた場合は奨学金受給期間中にいずれも完了させること。
すでにメキシコの高等教育機関或いは本募集要項のプログラムの勉強を開始されている方も応募は可能である。但し給付金をさかのぼって支給される事はない。

研究分野について:
奨学金は、歯科、整形外科、マーケティング、会計学、広告、経営学及び経営学関連分野などを除く全ての分野の対象者に給付される。

募集人数:
25名 

受入機関:
96の高水準のメキシコ教育機関

応募資格:
日本国籍を有する者で、下記の条件を満たす者:
■    成績優秀者 (GPAが10段階で8以上の者)
■    応募者の自国政府が推薦する者
■    大学等で勉学、研究を行うために必要なスペイン語の能力を有する者
■    応募者が一つ以上の国籍を有する場合、複数の応募は不可、1回のみ可能。申請は応募する国と同じ国籍で行ない、渡航、メキシコ滞在期間中、帰国まで同じ国籍のパスポートを使用する。

奨学金が対象外となるのは:
■    I) メキシコに派遣されている外交官、或いはその親類
■    II)メキシコの永住権を持っている方
■    III) メキシコの市民権を持っている方
奨学金の譲渡、或いは翌年への繰越は行なわない。その他に、奨学金は同じ家族から2名或いはそれ以上に給付されることはない。

必要条件:
■    「CONVOCATORIA 2016」に定められた必要条件を満たすこと
■    修士レベル:学士号以上の学位取得者
■    博士レベル:修士号以上の学位取得者
■    研究を望むメキシコの教育機関により発行された受入承諾書を有すること、或いは本募集要項のプログラムをすでに開始していること。

待遇(*):
■    各教育機関の設定するプログラムに従い授業料、登録料支給
■    生活費(月額):学士課程の交流プログラム、専門課程、修士課程、或いは修士課程での研究者、スペイン語及びメキシコ文化コースに対しては、メキシコシティで定める最低賃金の4倍。現在、8,412.00ペソ相当支給(2016年3月17日のレートで502.32米ドル相当)
■    博士課程、或いは博士課程での研究者、ポストドクター特別研究員、医学専門課程および準専門課程に対しては、メキシコシティで定める最低賃金の5倍。現在、10,956.00ペソ相当支給(2016年3月17日のレートで627.90米ドル相当)
■    メキシコ社会保険庁(IMSS)の総合医療保険は、奨学金支給開始後4ヶ月目から適用される(1~3ヶ月目は本人負担の保険に加入すること)
■    日本からメキシコまでの往復航空券支給 (航空券は全てのケースに於いてエコノミークラスで購入される) 
■    もしもメキシコ・シティー以外で留学する場合、メキシコ・シティーから国内留学目的地までの開始時及び終了時の往復交通費支給 
■    注:区間の所要時間が5時間以下の場合、またメキシコ・シティから空路ルートがない場合は陸路となり、5時間より多いか或いはメキシコ・シティから空路ルートがある場合は国内線の航空券を学術交流部(DIA)が購入する。独自に購入されたものについては立替えは行わない。

*上記に記載されていない費用については、奨学生の負担とする。受入機関が免除しない或いはメキシコ外務省が認定しない場合の学費(登録料や授業料、研究室の費用、研究集会や研修課程の費用)は本人負担となる。また、論文の印刷費用、指導教官に関する費用、学位取得手続き費用、受入機関に対する登録手続き料、及び取得単位認定料、外国人登録料、及び査証更新料などは本人負担とする。

選考過程:
1.    自国における候補者の事前選考
国内選考(面接:2016年9月30日(金)10時~ については、在日メキシコ大使館(別館5階 エスパシオ メヒカーノ)にて行う。
改めて通知は行わないので、出願者は上記日時の15分前に集合すること。
2.    メキシコにおける関係当局による最終選考

以下の候補者には優先権が与えられる。
■    自国の発展に貢献出来るテーマのプログラムを選択し、メキシコにとって戦略的であること。(エネルギー及びテレコミュニケーション部門に関連したアカデミック・プログラムに優先権が与えられる)
■    自国の大学院にはないプログラムを選択する人。
■    メキシコシティのメトロポリタン・エリア以外の地方の機関で学術或いは研究を行なう人。
■    自国の公共高等教育機関や科学研究センターの教授或いは研究員。
■    自国の利益を図ることのできる分野やプログラムを担当する公務員。
■    まだメキシコ政府奨学金の給付金を受けたことがない人。

選択基準:
■    これから勉強する分野の高い学識を持っている人。
■    候補者の学術・労働経験がメキシコで専攻する分野と合致すること。
■    自国の発展に重要な学問分野であり、直接的な影響を及ぼすこと。
■    そのプログラムが、特定の現在進行中または承認済の、申込者の国の発展に影響を与えるプロジェクトに関係していること。

奨学金の給付:
2017年度の奨学金はメキシコ外務省科学技術交流局学術交流部 Dirección de Intercambio Académico de la Dirección General de Cooperación Técnica y Científica (以下、「メキシコ外務省学術交流部」という。)を通じて給付されるが、その奨学金を受ける者は、2016年11月22日以降に在日メキシコ大使館から通知を受ける。

手続きその他:
A)    査証: 奨学金発給通知の受領後、本人は、在日メキシコ大使館領事部で、諸手続きの説明を受けること。奨学生は、観光ビザではなく学生ビザを取得すべく必要な手続きをとること。奨学生は、外交旅券、或いは公用旅券で渡航することはできない。
B)    航空券: 航空券はメキシコ外務省学術交流部によって発行されるが、在日メキシコ大使館、学術交流・教育・科学技術部が本人に航空券の詳細を通知する。 
C)    メキシコ到着: 奨学生は、メキシコ・シティーに到着後、メキシコ外務省学術交流部に出頭し、「外務省留学生」としての登録手続きをとること。
D)    メキシコ到着後:到着後の過ごし方、手続き等については支給が決まった際に渡されるNormas Aplicables a los Becarios Extranjeros de SREを確認すること。

メキシコ政府の奨学金制度は、外国籍の奨学生がメキシコにおける経験と知識を享受し、自国に帰国してからも自己の体験を語り継ぐことを目的とする。

願書の書式:
西文願書は「アカデミックプログラム」の書式を選んで記入する。
書式は、メキシコ外務省の奨学金ホームページからダウンロードして使用すること。(http://www.gob.mx/amexcid/acciones-y-programas/becas-para-extranjeros-29785)

和文出願書の書式は1つのみ。
出願書類:
別紙参照のこと
願書提出先:
西文:     在日メキシコ大使館 学術交流・教育・科学技術部 宛
(受付時間:月~金 9:00~13:00、14:00~17:00)
    〒100-0014 東京都千代田区永田町2-15-1 TEL:03-3581-1131
(地下鉄「赤坂見附駅」、「永田町駅」下車 徒歩5分)

和文:
独立行政法人 日本学生支援機構 留学生事業部留学情報課(送付のみ・持参不可)
    〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1  TEL:03-5520-6111

    注: 封筒の表に、「2017年度メキシコ政府奨学金留学生出願書類在中」と朱書きの上、簡易書留または宅配便で送付すること。(大使館については、持参も可)

その他の注意事項:
1.    応募者は、各プログラムに応じて留学希望先の大学や、当該機関のコーディネーターとコンタクトを取っておく事が応募の条件となる。
2.    本奨学金について(西文出願書類について)の照会は在日メキシコ大使館に行うこと。和文出願書類については、日本学生支援機構留学生事業部留学情報課に行うこと。
本募集要項は、上記「CONVOCATORIA 2017」の抜粋であり、応募者は必ずその本文を熟読すること。メキシコ外務省奨学金のホームページ(http://www.gob.mx/amexcid/acciones-y-programas/becas-para-extranjeros-29785)で「CONVOCATORIA 2017」の詳細を熟読すること。(所定用紙等ダウンロード可能)
合格決定後は、受入先大学、または、当該機関の「受入承諾書」の変更はできない。変更した場合、奨学金は無効とみなされる。

問い合わせ:
奨学金の詳細、西文出願書類について
在日メキシコ大使館 学術交流・教育・科学技術部 
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-15-1
TEL 03-3581-1131     FAX 03-3581-4058
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  或いは このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
和文出願書類について
独立行政法人 日本学生支援機構 留学生事業部留学情報課
〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1
TEL 03-5520-6111


参考サイト
メキシコ外務省教育交流文化局 奨学金サイト 
http://www.amexcid.gob.mx/index.php/becas-extranjeros
(上記のアドレスから、Convocatoria de Becas del Gobierno de México para Extranjeros 2017 をクリック)

大学及び高等教育機関に関するサイト
Asociación Nacional de Universidades e Instituciones de Educación Superior(ANUIES)/国立大学高等機関機構
http://www.anuies.mx
Consejo Nacional de Ciencia y Tecnologia (CONACYT)/国家科学技術審議会
http://www.conacyt.gob.mx

在日メキシコ大使館ホームページ
http://embamex.sre.gob.mx/japon/
独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)
http://ryugaku.jasso.go.jp/
JASSOメキシコ留学情報
http://ryugaku.jasso.go.jp/oversea_info/region/sc_america/mexico/



西 文 出 願 書 類 一 覧

 

1. 出願書  (FORMATO DE SOLICITUD DE BECA/所定用紙にデジタル写真を貼付すること) 昨年度のフォーマットは有効ではないので新しく作成すること。   2部

2. 研究計画書   2部 -留学志望の理由、留学中の研究計画、留学終了後自国でどのように役立てるか等をまとめる。

3. 経歴書   2部 (最大3ページまで)

4. 受入承諾書   2部 各プログラムが定めるメキシコ国公立大学、メキシコ私立大学、国公立受入機関の受入承諾書。担当役員(国際課長、学術交流課長、大学院の長・コーディネーター等)の署名入りで、プログラムの開始日、終了日、期間そして留学形態が明記されたもの。研究滞在の場合は更に候補者が研究に必要な指導を受けるということも明記されているべきで、出来れば指導担当者の氏名も明記されていること。
*受入機関と手続き中とわかる書類 (コンタクト・レター等)を奨学金の申込書とともに提出し、その後引き続き受入機関との手続きを進めることも可能である。

5. 最高学歴の学位記および現在在籍中の課程(大学、大学院)の在籍証明書のコピー(*)   2部
最終学歴の学業成績証明書    (*)                  2部
語学学校、交換留学等の証明書は不要。
最終学歴のGPAが10段階中最低8を有すること。採点方式が異なる場合はメキシコ方式の10段階評価に置き換えた書類を提出。

6. 「学士課程及び大学院交流プログラム」志願者の補足資料(「学士課程及び大学院交流プログラム」志願者のみ) 2部
自国の機関が、メキシコで参加する授業等に単位を付与することを記載した書類。

7. 研究滞在の場合は、申込者が修士もしくはポストドクター特別研究員、博士課程に在籍すること、もしくは修了したことを示す書類のコピー
スペイン語ではない別の言語で研究滞在を行う場合、別の言語で指導すると明記された受入機関発行の書類に指導教授の氏名及び言語を記入し提出すること。書類には、担当役員(国際課長、学術交流課長、大学院の長・コーディネーター等)の署名を付すこと。

8. 在留資格(カード)のコピー(現在、一時的に学生としてメキシコに居住している場合のみ) 2部

9. 語学能力証明書 (*)  2部
母国語がスペイン語ではない場合、留学先での学業の遂行に必要なスペイン語の能力(アドバンス・レベル)を大学や語学学校から証明してもらうこと。国によっては事前にスペイン語語学及びメキシコ文化コースも組み込まれているので、自国のメキシコ大使館に問い合わせをすること。

10. 戸籍抄本(*)   2部

11. パスポートのコピー 2部

12. 健康診断書(*)   正本1部 コピー1部
証明書はオリジナルで申請書提出日より3ヶ月以内に、公共医療機関或いは民間医療機関にて受診したもの。医師が個人的に発行する診断書は受け付けない。

13. 写真(3cm×3cm)   6枚
デジタルプリントではない最近の写真
台紙なし、上半身脱帽、正面から撮影、背景は白。裏にローマ字で氏名・国籍を記入する。2枚は出願書(西文所定用紙)に貼付すること。残り4枚はとじずに提出すること。

14. 出願者がアカデミック・プログラムの一般条件に同意し署名したレター
(*)がついている項目は和文書類にスペイン語訳を添付すること


出願書類に関する注意:
①    上記提出書類は全てスペイン語で作成すること。和文の場合はコピーにスペイン語訳を添付して提出すること。
②    提出書類についてはコピーを提出すればよく、正本の提出の必要はない(健康診断書を除く)。
③    最終決定における合格者は、後日メキシコの大学等に書類を提出する都合上、「高校・大学等の卒業証明書・学業成績証明書」「戸籍抄本」「健康診断書」について、公的認証(アポスティーユ)を求められる場合がある。渡航前に必ず受入先機関に必要の有無を確認すること。
④    本奨学金合格後、渡航した際に出願書類に使用した写真と同じ写真を必要とすることがあるので、その準備をしておくこと。
⑤    提出書類は、それぞれ右上に上記書類の番号を記入し、1~5および9~14(該当者は6、7、8も加えること)を各1部ずつ順に重ねて左上をホチキスでとじ、2部作成すること。
⑥    開封無効の成績証明書等も開封してとじること。
⑦    提出書類は、A4判で統一するか、A4判の大きさに折りたたむこと。
⑧    提出された書類は一切返却しない。
⑨    上記について、不明な点がある場合は、メキシコ大使館学術交流・教育・科学技術部 向後(TEL:03-3581-1131)まで問い合わせること。
 
和 文 出 願 書 類 一 覧

1.    出願書(別紙)   2部

2.    研究計画書   1部
①留学志望の理由、②留学中の研究計画、③帰国後の予定について、A4判2枚程度にまとめる。

3.    経歴書   1部
(最大3ページまで)

4.    受入承諾書   1部
西文書類で提出するもののコピーに和訳を添付すること。

5.    最高学歴の卒業(修了)証明書および現在在籍中の課程(大学、大学院)の在籍証明書のコピー   各1部
最終学歴の学業成績証明書   1部
語学学校、交換留学等の証明書は不要。
最終学歴のGPAが10段階中最低8を有すること。採点方式が異なる場合はメキシコ方式の10段階評価に置き換えた書類を提出。

6.  語学能力証明書   1部
母国語がスペイン語ではない場合、留学先での学業の遂行に必要なスペイン語の能力を大学や語学学校から証明してもらうこと。

7.  戸籍抄本   1部

8.  健康診断書   コピー1部
証明書はオリジナルで申請書提出日より3ヶ月以内に、公的医療機関にて受診したもの。      

9.  写真(3cm×3cm)   1枚
上半身脱帽、6ヶ月以内に撮影、出願書正本の右上に貼付すること。

注 意
①    上記提出書類は全て日本語で作成すること。正本がスペイン語しか用意できない場合は、正本のコピーに応募者本人の和文訳を添付して提出すること。
②    提出書類は、いずれも正本で用意すること(※「8.健康診断書」のみコピーでよい)。「1. 出願書」は正本1部、コピー1部で、コピーは写真貼付後の正本からとること。
③    提出書類は、それぞれの右上に上記書類の番号を記入し、1~8までを順に重ねて、左上をホッチキスでとじること。なお、「1. 出願書」(コピー)1部はとじずに提出すること。
④    提出書類は、A4判で統一するか、A4判の大きさに折りたたむこと。
⑤    開封無効の成績証明書等も開封してとじること。
⑥    提出された書類は一切返却しない。